リフォームとは違うリノベーション

リフォームとリノベーションは似て非なるものです。
リフォームは、老朽化したところを建築当初のものに戻すことを指します。



キッチンやトイレ、お風呂場の改修はリフォームといいます。
これに対して、リノベーションは、既存の住宅を大規模な改修工事を行って、機能を向上させたり付加価値を付け加えることの事を言います。つまり、ただの老朽化したところを修復するのでなくて、大々的に間取りを変えたり機能性向上の工事をすることをさします。
言葉は似ていますが、全くの別物です。
長所としては、新築住宅と比べると購入費用が安く済みます。


また、自分の使いたい用途に合わせて自由に設計することが出来ます。
つまりは、一戸建ては欲しいが予算が合わないので、仕方なしに活用する人が多いわけです。近年、古民家をリノベーションして蕎麦屋を開業したという人もいますが、これはまさにこのパターンです。

そして、都市部でも中古住宅として残っていることもあります。


さらに、資産価値を上げることができます。
ただ、改修工事が入りますので、購入したからと言ってすぐには住むことはできません。



また、一戸建ての場合は耐震検査で引っかかることもあります。
さらに、銀行の融資も制限がかかることがあります。

このように長所と短所があるリノベーション。

葛飾区の分譲住宅情報サイトを活用しましょう。

実は移住者が多く活用しています。


移住先で古民家を購入して、先で上げたように蕎麦屋やうどん屋を開業して、お店を切り盛りしています。