葛飾区の分譲住宅について

葛飾区は東京都の東部に位置する23区の一つになります。



葛飾区は下町として知られており、古くからの街並みも残されているのが特徴になります。
葛飾区の地価は他の23区内に比べるとそれほど高くはありません。これは下町全般に言えることですが、山の手の地域に比べると、おしゃれな感じがしないという理由が一つあります。



山の手のイメージやオフィスやカフェなどですが、下町のイメージは佃煮にせんべいというイメージなのです。

江戸川区の不動産の情報探しはそれほど難しくありません。

もちろん例外もありますが、おおよそイメージ的には住人同士のつながりがあり、古くから住んでいる人が多く、近所には世話好きのおばちゃんがいてお見合いの誘いをしてくれるような感じです。

ですので、分譲住宅を購入する場合には、人とのつながりを重視して生活をするのならとても住みやすいのではないでしょうか。

ただ、山の手と比較した場合地価がそれほど高くないというだけで、実際にはそれなりに地価は高いです。

1坪100万円から200万円前後はします。分譲住宅を購入する場合には、多くが3階建ての住宅になります。
1階には車1台おけるガレージがあり、納戸があって、2階にリビングや生活スペースが確保されていることが多いです。


各人の部屋は3階にあることが多くなっています。
では、分譲住宅を購入するにはどれくらいのお金がかかるでしょうか。

基本的には4000万円から5000万円ぐらいが平均的な金額と思って間違いないでしょう。

もちろん、土地代も含まれています。